生理前のおりものの特徴は?量は多いの?色は排卵後に変化する?

生理前はイライラしたり、お腹が痛かったり、吐き気がする人もいて、何かしら体調がすぐれないという女性が多くいます。女性ホルモンの関係で、生理前にはさまざまなマイナートラブルが起きますが、おりものが出やすいと感じたことはありませんか?下着にヒヤリとした感触がして、「生理が来たかな…」と思ったら、実はおりものだったということも。おりものの色や量、におい、粘り気など、気になることは多いですよね。今回は、生理前のおりものの特徴について、詳しくまとめました。

 

そもそも、おりものとは?

女性 お腹 ハート

おりものは、膣内の粘液や膣壁の古い細胞の一部などが混ざった状態で、女性の性器から分泌されるものです。「体の外へと下りてくる」ものであるため、「おりもの」と呼ばれています。

おりものには、子宮内膜の分泌物、膣内の粘液や古い細胞、子宮頚部からの分泌物などが含まれていて、生理前だけでなく、生理周期を通じて分泌されています。

通常、おりものの色は無色透明や白っぽいものが多く、少し粘り気があり、ほとんどにおいがしません。ただし、生理周期の時期によって色や量は変化しますし、個人差が大きいので、あまり敏感になる必要はありません。

また、何かしらの病気にかかると臭いにおいがしたり、粘り気がなくポロポロと乾燥した状態になったり、体の異変を知らせてくれるサインでもあります。

 

おりものの役割とは?生理前に変化するもの?

ノート 本 

おりものには主に2つの役割があります。

膣内を清潔に保つ

ひとつは、膣の中を清潔にして守る「自浄作用」です。膣内を健康な状態で維持するため、そして体の健康を守るためには、外部から細菌が侵入して体内に侵入するのを防ぐ必要があります。女性の体は、おりものを分泌することによって、膣の中に侵入してきた細菌を外部に押し出しているのです。

下着におりものが付くと不快に感じたり、おりものシートを使うのが面倒だったりしますが、おりもののおかげで、膣内が清潔に保たれています。

受精をサポートする

もうひとつは、精子が卵子と出会いやすくする「受精のサポート」です。子宮内に細菌が侵入するのを防ぐために、膣内は酸性の状態になっています。しかし、精子は酸性に弱いため、通常であれば膣内では長生きすることができません。

しかし、膣の中に精子が入るときに、おりものが精子を保護することで、卵子のもとへとたどり着きやすくなるのです。ちなみに、精子を守っているのはおりものだけではなく、精子とともに発射される「精漿(せいしょう)」というアルカリ性の液体も、そのひとつです。精液はゼリー状になっているのをご存じの人もいるかと思いますが、その粘液によって、精子を酸性から守っているのです。

この2つの役割の違いによって、おりものは量や状態が変化するのです。

 

生理前のおりものの特徴は?

コップ 水

基本的に、生理前はおりものの量が増え、粘り気のある状態になります。しかし生理が近づいてくるにつれて量は減少し、少し粘り気も弱くなってサラサラとした状態に。一般的に、生理前のおりものはほとんどにおいがしません。

おりものがこのように変化する背景には、排卵後は「受精のサポートをする役割」があるのに対し、妊娠が成立しなかった場合はその役割を終えて「自浄作用の役割」を果たそうとすることがあります。

それでは、おりものがどのように変化するのか、生理周期の「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」という4つの期間に分けてご説明します。

 

おりものは生理周期でどう変化するの?

グラフ 疑問 変化

月経期(生理中)

不要になった子宮内膜や血液などが排出される時期ですが、おりものが出ることもあります。血液と混ざることで、茶色や褐色で、少しにおいがする場合もあります。

卵胞期(生理直後から排卵)

生理が終わった後のおりものは、自浄作用の役割があるため、サラっとした状態で、白っぽくなるのが特徴です。生理直後は経血と混ざって茶色になることも。

排卵期

排卵期が近づくと、受精のサポートをするために粘り気が強くなり、色は透明に。この時期からおりものの量が徐々に増えていき、黄体期の前半にピークを迎えます。

黄体期(排卵後から生理)

排卵後は量が徐々に減少し、透明から少し白っぽく濁った色へと変化します。細菌などを侵入させないように、少しトロりと粘り気のある状態に。においがきつくなりやすいのも特徴です。

 

生理前におりものの量や色が変わったら?

女性 疑問 おりもの

生理前のおりものがいつもと違う場合、もしかしたら妊娠の可能性もあります。先述した通り、排卵後の黄体期では、「量が減っていき、白っぽくなり、粘り気が出る」のが通常ですが、量・色・状態に変化が起きると妊娠兆候であることも。

一般的に、妊娠中は少しおりものの量が増えてサラサラした状態になるため、生理予定日になってもおりものの量が減らず、水っぽい状態だった場合は要注意です。

また、白濁するはずのおりものが、一時的に茶色っぽくなることも。これは妊娠初期症状のひとつ「着床出血」がおりものと混じったものです。

しかし、おりものは個人差が大きく、体調によっても変化するため、色や量だけで妊娠しているかどうかを判断することはできません。疑わしい場合は、基礎体温など、その他の妊娠初期症状と合わせて確認し、最終的には妊娠検査薬で判定してくださいね。

 

生理前のおりものが異常かどうかを見分けるには?

発見 電球 

生理前のおりものが変化した場合、妊娠の可能性だけでなく、感染症にかかっていることも考えられます。次のようなおりものが出たときは、念のため病院を受診しましょう。いずれの場合にせよ、「悪臭」「黄色や緑色」「陰部の違和感(かゆみや痛み)」は病気のサインである可能性が高いといえます。

● カンジダ膣炎…白くポロポロとした状態で、カッテージチーズのようなおりものに。陰部にかゆみが出る。

● 性器クラミジア感染症…においがきつく、黄色っぽいおりものが大量に出る。陰部に軽いかゆみが出たり、排尿痛を感じたりすることもあるが、自覚症状は少ないことが多い。

● トリコモナス膣炎…においがきつく、黄色や黄緑色、淡い灰色で泡立ったおりものが出る。陰部に腫れや痛み、かゆみが生じやすい。

● 淋病…悪臭のする、黄色いおりものが大量に出る。陰部の不快感、頻尿・残尿・排尿痛などの尿の違和感が現れることも。

 

生理前のおりものは色が透明で量が多いなどの特徴がある

本 発見 女の子

おりものは、その色や量、においによって、健康状態を教えてくれます。また、体を守り、受精をサポートしてくれる役割があり、大切な存在ですよね。生理前のおりものが正常に変化しているかどうか、また妊娠や病気などの可能性にいち早く気づくためには、普段からおりものをチェックしておく必要があります。

忙しい日々を過ごしていると、おりものにわずらわしさを感じて、状態を確認することは難しいかもしれませんが、できるだけ生理周期に合わせて、自分のおりものをチェックしておくことをおすすめします。いざ妊活を始めるときに、そして健康的な体でいるために、きっと役に立ちますよ。