妊娠超初期のおりものの特徴は?色や量が着床時期に変化する?

妊娠すると、胸の張りやだるさ、吐き気など様々な体調変化が起きます。女性にとって身近な「おりもの」も、妊娠初期症状として変化が起きます。妊娠検査薬が反応しない時期におりものが変化すると、「もしかして妊娠したかも…」とソワソワして落ち着かない気持ちになるかもしれませんね。今回は妊娠超初期に現れるおりものの変化について、色や量、状態などを詳しくまとめました。

 

おりものの役割は?妊娠中も出るの?

女性 ノート ペン

おりものとは、膣内の粘液や子宮頚部の細胞の一部などが混ざった分泌物のこと。下着を気にしたり、おりものシートを用意したりと、女性にとってわずらわしさも感じますよね。下着にヒヤリとした水っぽいおりものを感じて、気持ち悪さを感じることも。

そんなおりものですが、実は女性の健康と妊娠にとって、必要不可欠な存在です。

自浄作用

おりものには、細菌やウイルスが膣内に侵入することを防ぐ役割があります。おりものが正常に出ることによって、膣を清潔に保つことができています。

受精のサポート

精子が膣内に進入するのを助ける働きもあります。精子には酸性に弱いという性質があるのですが、膣内は酸性になっていて、通常であれば、膣内で長く生きることができません。しかし、おりものが精子を守ることで、膣内を通って卵管へと進むことができるのです。

女性にとっては大切なおりものですが、妊娠中も自浄作用は必要になるため、おりものは分泌され続けます。

 

妊娠前のおりものの特徴は?

女性 健康 医師

妊娠超初期症状のおりものを見分けるために、まず通常のおりものがどのような状態かを知っておきましょう。排卵後から生理が始まるまでに、おりものは大きく変化します。

排卵後は受精のサポートをするために、もともとサラサラで水っぽかった状態から粘り気が出てきます。量も増えますが、色はほぼ透明です。

そして、妊娠が成立しなかった場合、粘り気は少し減ってトロっとした状態になります。量は徐々に減っていき、色は乳白色へと変わります。

 

妊娠超初期のおりものの色や量は?

チェック

量が多い

先述の通り、「妊娠しなかった場合は量が減る」のが一般的ですが、妊娠するとおりものの量が増えることが多いようです。この背景には、黄体ホルモンが分泌され続けることがあると考えられています。

黄体ホルモンは体温を上げて、妊娠を維持しようとする作用があり、子宮内を整えます。子宮を健全な状態に維持するために、おりものの量が増えるというわけです。

色は様々だが、茶色のおりものは妊娠兆候かも

色は乳白色や黄色などに変化することもありますが、通常でも白っぽくなるため、違いが分かりにくく、個人差があります。ただし、着床時期に茶色っぽいおりものが出た場合は、「着床出血」の可能性があります。

量が多いのと比べると、色の違うで見分けるのは難しいかもしれませんね。

サラサラして無臭

生理が近づくと、おりものには少し匂いがしてトロっとした状態になります。妊娠中はおりものがサラサラして無臭であることが多いので、生理予定日を過ぎてもおりものがサラサラして匂いがしなかった場合は、妊娠している可能性があります。

ただし、妊娠していても、おりものが変化しない人もいますし、妊娠していなくても、妊娠兆候に似たおりものが出る人もいます。それだけ個人差が大きいものなので、他の妊娠超初期症状と合わせて確認するようにしましょう。

 

妊娠超初期症状のおりものと病気のおりものの違いは?

女性 不安 心配

妊娠中は体の免疫力も低下し、膣内の酸性度も下がるため、さまざまな感染症にかかりやすい状態です。カンジダ膣炎やトリコモナス膣炎など、何かしらの性感染症にかかった場合は、おりものに変化が現れます。早めに気づくことができるよう、異常なおりものの状態についても覚えておいてくださいね。

 

黄色や緑色、灰白色の場合は、性感染症を起こしている恐れがあります。また、妊娠初期に茶褐色やピンク色のおりものが出た場合は、血が混ざっている状態だと考えられるので、腹痛を伴う場合や何日もピンク色のおりものや不正出血が続く場合は、病院を受診しましょう。切迫流産が起きている可能性もあります。

臭い

少し酸性の臭いがするくらいであれば普通ですが、生臭くて鼻につく匂いがする場合は感染症にかかっている恐れがあります。

状態

白くポロポロした状態で、カッテージチーズに似たおりものが出ている場合はカンジダ膣炎かもしれません。また、泡っぽい状態の場合はトリコモナス膣炎の可能性も。

おりものの変化に加えて、陰部にかゆみや痛みなどの違和感があった場合は性感染症の可能性が高いといえます。悪化を防ぐには、早期発見・早期治療が大切です。異変があれば、婦人科を受診してくださいね。妊娠中であればなおさら早めの対処が必要です。

 

妊娠超初期症状のおりものが出たときは、妊娠検査薬を使えるの?

妊娠検査薬

妊娠超初期症状としておりものの変化が見られると、すぐに妊娠検査薬を試したくなりますよね。しかし、妊娠検査薬が使えるのは、「生理開始予定日から1週間経った後」から。

おりものに変化が現れやすいのは、生理予定日付近で、その時期には他の妊娠超初期症状が現れているかもしれません。妊活中の女性はいち早く結果を知りたいので、生理予定日頃からソワソワし始めるかと思いますが、もう少しの辛抱ですよ。

 

妊娠初期もおりものは出続ける

女性 元気 健康

妊娠超初期症状で現れるおりものの変化をご紹介しましたが、妊娠初期だけでなく、妊娠期間を通じておりものがよく出ます。健康のバロメーターでもあるおりものを確認することで、妊娠中も体の調子が良いかどうかを把握することができます。

毎日おりものを気にして、病気になっていないかと心配しすぎるのもストレスが溜まってしまいますが、気がついたときは少し様子を確認するなど、できるだけ気を配ることができるといいですね。