生理後のおりものの特徴は?茶色い血や臭いがあると異常なの?

生理後もおりものが出るのは普通のことですが、量が多かったり、茶色い血が混じっていたり、臭いがいつもと違ったりすると、何か病気なのかなと心配になりますよね。生理周期に合わせて、おりものは様々に変化します。体の異変に早く気がつけるように、生理後のおりものの特徴や、量や色、臭いの異常とその原因についてご紹介します。

 

生理後のおりものの特徴は?

本 虫眼鏡 辞書

生理後のおりものは、生理前と比べて色や状態が変化します。そもそもおりものには、「膣内をきれいに保つ」と「受精のサポートをする」という2つの役割があります。この役割の変化に応じて、その状態が大きく変化しているのです。

生理後は排卵日までまだ時間があるので、受精のサポートをする必要はありません。生理後のおりものには、膣内をきれいに保つために、以下のような特徴があります。

 

おりものの色と状態

生理後のおりものは水っぽい状態で、サラサラしており、少し白っぽくなっています。ただし、生理直後は月経血と混ざって、少し赤味を帯びていたり、茶色っぽくなっていたりすることも。

生理後2~3週間たって排卵日が近づいてくると、徐々に粘り気が出てきて、色も透明に変化します。

おりものの分泌量

生理後すぐはおりものの分泌量が少ない時期ですが、日がたつにつれて徐々におりものの量が増えていきます。排卵日の頃をピークとして、その後減少していきます。生理後しばらくはおりものが出ていても、ほとんど下着につかない程度で、おりものに気がつかない人も。

おりもののにおい

膣内は雑菌から身を守るために、酸性の状態になっています。特に生理が近づいてくると酸っぱい臭いがして、生理直後も酸っぱい臭いが残っています。生理後は徐々におりもののにおいも弱くなってきます。

 

生理後のおりものに茶色い血が混じっていたら?

女性 心配 不安

生理後に、茶色い血が混じったおりものが出ると、何か体調が悪いのかと心配になるかもしれません。生理直後に少し出る程度であれば、生理中に出きらなかった月経血が酸化しておりものと混ざって出てきているだけで、それほど心配はいりません。

ただし、生理が終わって1週間のうちに、断続的に茶色い血が混じるときは、ホルモンバランスが乱れてうまく月経血を排出することができていない状態だと考えられます。生理がダラダラと続いている状態でもあるので、決して体調が良いとはいえません。まずは規則正しい生活を送ることでホルモンバランスを整え、生理周期と生理が続く期間を安定させることを目指しましょう。

また、血の量が多かったり、何日も連続で出続けたりするときは、生理の血以外の理由も考えられます。病気の可能性もあるので、念のため病院を受診しておくと安心です。

 

生理後のおりものの状態で病気がわかるの?

女性 めがね チェック

生理後のおりものの量や色などは前述しましたが、いつもと違う状態のおりものが出た場合は、病気のサインかもしれません。以下のようなおりものが生理後に現れた場合は病気の可能性もあるので、病院を受診しましょう。

 

おりものの量が増える

黄色で水っぽいおりものが普段よりも多く出て、悪臭がするときはクラミジアに感染している恐れがあります。あまり症状が出ることはありませんが、まれに陰部のかゆみや発熱が起きることも。放っておくと、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こし、不妊の原因にもなります。

白くぽろぽろしたおりもの

カッテージチーズのようなおりものが出たときは、カンジダ膣炎かもしれません。陰部に強いかゆみを伴うことが特徴です。

黄色や薄い灰色で泡だったおりもの

黄色や黄緑色、薄い灰色で泡状のおりものが出たら、トリコモナス膣炎の可能性があります。おりものは強い悪臭がして、かゆみを伴います。

黄緑がかった膿のようなおりもの

黄緑色っぽく、膿のようなおりものが出て、悪臭がする場合、淋菌感染症の疑いがあります。クラミジア同様に、放っておくと子宮内膜炎や骨盤腹膜炎などを引き起こし、不妊になることも。

 

生理後のおりものと上手に付き合うには?

はてな クエスチョン 疑問 謎 女性

おりものは、女性の体を守り、妊娠のサポートをしてくれる大切な存在です。しかし、下着が汚れると不快になったり、パンティライナーの準備や交換が面倒だったり、あまりうれしいものではありませんよね。

できるだけおりものに悩まないように、以下の点を意識しておくことをおすすめします。

 

生理周期を把握しておく

おりものが出る量は、生理周期に合わせて変化します。つまり、生理周期を把握しておくことで、分泌量が増える時期を予測することができます。その時期に合わせてパンティライナーを用意しておいたり、持ち歩いたりするなどの対策ができます。

通気性の良い下着

通気性の良い下着を履くことで、膣周辺に雑菌が繁殖してしまうのを予防することもできます。通気性が悪いと、膣を守ろうとしておりものの分泌量が増えてしまうので、できるだけ通気性の良い素材の下着を履くようにしておくといいですね。

 

生理後のおりものに茶色い血や臭いにおいがあるかを確認しよう

女性 チェック 本

おりものが出ると、下着を替えたり、おりものシートを準備したりと、何かと面倒に感じることもありますよね。ただし、おりものは健康のバロメーターでもあります。その状態をチェックする習慣をつけることで、いち早く異変に気がつくことができます。

何か病気があったときは、早期発見をして、症状が悪化する前にできるだけ早く治療を始めることが大切です。病気にかからないこと、病気を早く治すことは妊活の基本でもあります。生理周期に合ったおりものが出ているかを確認することで、自分の健康状態を把握するようにしておきましょう。