妊娠しやすい時期を教えて!生理後のタイミングはいつ?

妊娠したいと考えている夫婦や、もうすぐ妊活を始めたいと考えている夫婦にとって、まずは妊娠しやすい時期を把握しておくことは大切ですよね。妊娠しやすいタイミングとは、ずばり「排卵日」なのですが、「生理の仕組み」を理解しておくことで、その妊娠しやすいタイミングをつかみやすくなります。今回は、妊娠しやすい時期について、妊娠可能性が高まるのは生理後のいつなのか、自然妊娠する確率はどのくらいなのかなどをご紹介します。

 

生理の仕組みは?生理後の体はどんな状態?

女性 疑問 クエスチョン はてな

生理とは、女性の体に定期的に訪れる生理的な出血です。医学的には月経と呼ばれ、その出血は「経血」といいます。それでは、なぜ生理は起きるのでしょうか?

受精卵が子宮に着床しやすいよう、排卵後にプロゲステロンという女性ホルモンの影響で、子宮内膜は厚くなります。しかし、妊娠しなかった場合、その子宮内膜は不要になるため、剥がれてしまいます。その剥がれたものが子宮外に排出されたものが、生理です。

生理の間隔や生理が続く長さは個人差がありますが、一般的に、生理は25日~38日周期で起き、3〜7日ほど出血が続くのが正常な範囲です。

 

妊娠しやすい時期は?期間はどのくらい?

カレンダー 排卵日

排卵が起こり、卵子と精子が受精し、卵管を通り抜けて、子宮内膜に受精卵が着床することで妊娠が成立します。つまり、妊娠するためには、「排卵日に合わせて性交をする」必要があります。

なんとなく定期的に性交をしていれば妊娠できるだろう、と考えている人もいます。確かに、狙っていないのに妊娠をする人もいるので、そういう話を聞くと、「簡単に妊娠できるのかな」と思うかもしれません。

しかし、生理周期において妊娠できるタイミング、つまり排卵は月に1度。そして、妊娠しやすい時期が限られているため、話はそれほど簡単ではありません。しかも、卵子の寿命はおよそ1日で、そのうち6~8時間ほどしか受精できないため、そのタイミングで精子が卵子と出会わなければいけないのです。

精子の寿命はおよそ3〜7日間はあるといわれているため、排卵が起きる前数日間で性交を行うのが妊娠しやすい時期です。

 

妊娠しやすい時期は生理後いつ?

女性 スケジュール カレンダー クエスチョン 疑問

「排卵の数日前に性交をすると、妊娠しやすい」ということはわかりましたが、排卵は生理後いつ起きるのかを知りたいですよね。しかし、生理開始日や生理終了日から排卵日までの日数は個人差が大きいため、「生理後の何日目に排卵が起きる」というのは人によって違いがあります。

ただ、生理周期が安定している人であれば、排卵日から次回生理日までの日数は、約14日間です。インターネットで「排卵日の自動計算」サイトがありますが、実はこの方法を取っています。具体的には、「次回生理予定日から14日を引く」だけ。カレンダーでいうと2週間前なので、簡単に計算できますよね。

先述した通り、生理周期は25日~38日が正常な範囲ですが、「原始卵胞が成熟して卵子になり、排卵されるまでの期間」は人によって変わります。排卵から生理が始まるまでの長さは約14日間と決まっているのです。

簡単に計算してみましょう。たとえば、生理が30日周期の場合、「30日-14日」で、生理開始日から16日目頃に排卵します。排卵日の数日前に性交をして、精子が卵子を待ち受けた状態にするほうが妊娠しやすくなるため、その1~2日前に性交を行うことで妊娠確率を高めることができます。

ただし、「体調が安定している人だけ」で、体に異変がある人は15日以上かかったり、13日以下で来たりするので注意が必要です。また、ストレスなどの生活習慣も排卵日をずらしてしまうので、その計算方法はあくまで簡易的なものだと理解してくださいね。

 

妊娠しやすい時期をより正確に知るには?

女性 妊娠しやすい時期

先ほどの簡易的な方法に頼るのは、少し心配ですよね。あくまで「妊娠しやすい時期の目安」として考えるだけなら問題ありませんが、より妊娠確率を高めたいという人は、排卵日をより正確に予測する必要があります。

具体的な方法をいくつかご紹介します

 

基礎体温の変化

基礎体温を測っていますか?基礎体温を測ることは、妊活きほんの「き」、にあたります。

健康的な女性であれば、基礎体温は高温期と低温期の二相に分かれます。そして、低温期から高温期に変わる節目で体温がぐっと一段下がる日がありますが、この日を含めて前後1〜2日の間に排卵が起こるとされています。

基礎体温表を作って低温期と高温期の周期を把握するだけでも、およその排卵日を予測することができます。しかし、基礎体温は睡眠不足や二日酔いなどの体調によって左右されるため、少なくとも数ヶ月分の基礎体温を記録しておきましょう。

子宮口の位置とおりものの変化

子宮口の位置と、おりものの状態で、排卵日をある程度予測することができます。自分で内診をして確かめる方法ですが、元助産師の「福さん」という匿名の人が、インターネットに公開した排卵日予測方法で、「福さん式」と呼ばれています。

具体的には、排卵日が近づくと子宮口が下に降りてきて、おりものは透明でよく伸びる状態に変化するというものです。内診をするときは爪を切り、事前に手をしっかりと洗うことを忘れずに。定期的に子宮口の位置とおりものの状態を確認することで、排卵日の予測精度が上がったと、先輩ママにもよく知られた方法です。

 

排卵検査薬

不妊治療でも使われることがある「排卵検査薬」は、上の2つよりも、より精度の高い排卵予測方法です。

排卵検査薬は、尿中のLH濃度(LH=黄体形成ホルモン)の上昇を測ることで、排卵日を予測してくれる検査薬です。黄体形成ホルモンの濃度が上昇するとおよそ36時間以内に排卵が起こるため、排卵検査薬が陽性反応を示したら、性交を行います。

 

妊娠しやすい時期を安定させるには?

女性 リラックス 解放 ベッド

排卵日を予測することと同様に、排卵日を安定させることも大切です。特に生理不順がひどい場合、排卵日を予測することがとても難しくなってしまいます。

排卵日を安定させる即効性のある方法はありませんが、できるだけ安定させるためには、次のような生活習慣を心がけてください。

● ストレスを発散する
● 栄養バランスの良い食事を取る
● 喫煙を控える
● 過度に飲酒をしない
● 適度に運動をする

 

生理後の妊娠しやすい時期を予測しよう

カップル 夫婦 妊活

大阪府の不妊専門相談センターによると、夫婦ともに健康で、妊娠を希望して性交を続けた場合、妊娠した人の89%が6周期までに、99%が12周期までに妊娠したそうです(※1)。ただし、卵子や精子は年齢とともに老化していくため、一般的には若ければ若いほど妊娠確率が高いといえます。

ただし、若い人でも、生活習慣が乱れていると、卵子と精子の状態は悪化してしまいます。20代の女性でも、生理が起きない「無月経」や、排卵が起きない「無排卵」の人もいます。

妊娠しやすい時期を予測することも大切ですが、普段の生活習慣を見直し、妊娠しやすい体作りからはじめてみてくださいね。

※1参考文献: 大阪府不妊専門相談センター