おりものが茶色い原因は?生理前は出やすいの?生理が来ないときは?

「おりもので健康かどうかがわかる」といわれるほど、おりものは体調と密接に関わる存在です。排卵日が近づいたり、生理前になったりしたときは色や状態、量、においなどが変化しますが、茶色いおりものが出たら、「何か体調に異変が起きているのかな…」と心配になるかもしれません。今回は茶色いおりものが出る原因について、病気の可能性があるのかなどをご説明します。

 

そもそも、おりものって何?

はてな 疑問 クエスチョンマーク

おりものとは、子宮や膣から出た粘液や古い細胞が混ざり合った分泌物のことをいいます。生理周期や体調などによって、その量や色、状態は変化します。妊娠中も分泌され続けます。基本的に、健康的な女性であれば分泌されているものですが、あまり出ない人から、おりものシートを持ち歩かないといけない人まで、個人差があります。

おりものの役割は主に2つありますが、ひとつは外部から雑菌が侵入するのを防ぎ、膣内を清潔に保つことです。もうひとつは、精子が卵子にたどり着きやすいようにして受精のサポートをすること。これらの役割の違いによって、色や量、状態が変化します。

正常なおりものは、透明や少し白っぽい色をしていて、状態は水っぽいものや粘り気があるものまでさまざま。量は個人差が大きいものですが、生理後は少なく、排卵日が近づくと増えていきます。また、膣の中は酸性なので酸っぱい匂いがすることも。

おりものをチェックする習慣をつけることで、自分の体調を把握することができますよ。

 

おりものが茶色になる原因は?

本 辞書

基本的に、茶色いおりものは、古くなった血液がおりものと混ざり合って出てきたものです。血液は時間の経過とともに酸化して茶色くなるため、特に生理の直後は経血が混じって茶色っぽいおりものになりやすい時期です。また、生理前も、少しずつ子宮内膜が剥がれ始めるため、おりものと混ざることで茶色くなって排出されることはあります。

つまり、茶色いおりものの原因はほとんどが生理の影響で、生理前や生理後の茶色いおりものは経血の一部であると可能性が高いと考えましょう。しかし、茶色いおりものは何かしらの「不正出血」が現れているサインでもあるので、注意が必要です。

 

茶色いおりものは病気が原因の可能性もある?

女性 体調不良 腹痛

生理周期とは関係なく、茶色いおりものが出ている場合には注意が必要です。その場合、病気が原因で出血している可能性があります。生理が終わっても茶色いおりものが長引く場合には、以下2つの可能性を考えて早めに婦人科を受診してください。

子宮内膜症や子宮筋腫

子宮内膜症は、子宮内にあるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまう病気で、不正出血や腹痛などの症状を引き起こします。また、子宮筋腫は子宮の内側や外側に、こぶのような良性腫瘍ものができる病気です。良性腫瘍なので、基本的に命にかかわることはほとんどありませんが、不正出血や腹痛、生理痛などの症状が現れます。

茶色いおりものが続き、そのほかの体調不良が断続的に見られるときは、これらの婦人科系の病気にかかっている恐れもあります。

子宮頸癌や子宮体癌

子宮に癌ができている場合も、生理周期に関わらず不正出血が起きます。特に、子宮体癌の場合は膿を伴ったおりものが出る場合があります。ただし、子宮にできる癌は初期に自覚症状が出にくいため、茶色いおりものだから「子宮癌かも」と気づけるものでもありません。定期的に子宮癌検診を受けることが大切です。

性感染症

クラミジアなどの性感染症にかかっていると、不正出血が起きる場合があります。おりものが臭い、おりものが白くてポロポロする、下腹部痛があるなど、茶色いおりものが出た後に、いつもと違う体調異変が起きた場合は注意が必要です。

膣内や卵管部などの炎症

疲れやストレスで免疫力が低下すると、膣内に雑菌が繁殖して炎症を起こします。また、感染症が原因で卵管炎や骨盤腹膜炎などを引き起こすこともあります。

ストレスの影響

ストレスでホルモンバランスが乱れると、不正出血が起きやすくなります。「機能性出血」と呼ばれる症状ですが、不規則な生活を送り続けたり、仕事をしすぎて睡眠時間が減ったりすると、不正出血が起きやすくなります。

膣内に異物が残っている

タンポンやコンドームなど、何かしらの異物が膣内に残っていると、膣内に傷がつく場合があります。そのまま放置しておくと雑菌が繁殖してしまう恐れもあるため、早急に婦人科を受診して対処してください。自分自身で取ろうとしてしまうと、爪で傷つけてしまう可能性もあるので、無理は禁物です。

 

生理1週間前に茶色のおりものが出て、生理が来ないときは?

女性 妊娠検査薬

妊娠兆候のひとつである「着床出血」も、不正出血の一種です。受精卵が子宮内膜に着床して根づくときに、子宮内膜が傷つき、少し出血することがあるのです。現れるかどうか、また、その量には個人差があります。

生理1週間前頃に茶色いおりものが出て、生理が来ない場合は、もしかしたら着床出血がおりものと混ざっているのかもしれません。生理開始予定日を1週間過ぎても生理が来ないときは、妊娠検査薬を使って妊娠判定をしてみましょう。

 

茶色いおりものが出たときの対策は?

女性 悩む 考える

何かしらの出血が起きているサインなので、下着やおりものシートをこまめに変えて、清潔に保つことが大切です。また、ストレスが溜まって生理不順が続いている人は、体調を整えることも大切です。規則正しい生活を送り、栄養バランスの良い食事を心がけてください。

また、おりものの色が茶色からピンクや鮮血に変わったり、茶色のおりものが大量に出たり、何周期も断続的に続いたりするときは、婦人科を受診してください。生臭いにおいや陰部にかゆみを伴うときや性交痛があるときも、性感染症にかかっている可能性があるので、医師に相談しましょう。

 

茶色いおりものが現れたら、他の症状も確認

女性 健康 元気 笑顔

茶色いおりものが突然出たら、驚きますよね。基本的に生理前や生理後に少し出るだけであれば、生理的なものやストレスの影響で、それほど問題はない可能性が高いと考えられます。しかし、生臭さやかゆみがあったり、腹痛が起きたりするときは、何かしらの異変が起きている恐れもあります。

不正出血が起きやすい人は「またか…」と軽く考えてしまいがちですが、慣れてしまわないように気をつけてくださいね。茶色いおりものが出たら、体調をチェックする習慣をつけましょう。