黒いおりものは病気のサイン?生理前に不正出血が出ているの?

女性にとって身近な存在である「おりもの」。健康のバロメーターでもあるので、普段とは違うおりものが出ると、何かの病気にかかっているのではないかと心配になるかもしれません。黒いおりものも、そのひとつ。黒いおりものが出る原因には、どのような可能性が考えられるのでしょうか?

 

そもそも、おりものとは?

本 読書 辞書 

おりものとは、子宮頸管からの分泌される液体や古くなった細胞が混ざりあった分泌物のことをいいます。おりものは生理周期に合わせて、その状態や量、色を変化させていますが、主に2つの役割があります。

ひとつは、「自浄作用」です。膣内を弱酸性に保ち、細菌の侵入と増殖を抑えています。おりものを体外に排出することで、膣内をきれいな状態に保っています。

もうひとつは、「受精のサポート」です。排卵日が近づくと、頸管粘液が多く分泌されて、おりものは弱アルカリ性へと変化します。精子は酸性が苦手なので、おりものがないと長く生きることができませんが、弱アルカリ性に傾いたおりもので膣内が満たされることによって、精子は子宮内へと侵入しやすくなるのです。

 

黒いおりものは不正出血が原因?

おりもの パンティライナー

黒いおりものが出る原因の前に、おりものが生理周期によって、どのように変化しているのかを知っておきましょう。上記2つの役割に応じて、おりものは次のように変化しています。

生理後~排卵前(卵胞期)

生理直後はおりものが一番少ない時期。基本的には、ほぼ透明で、においもほとんどありません。

排卵前後(排卵期)

排卵日が近づくにつれて、おりものの量が増えていきます。透明で水っぽくなるのが特徴で、「卵白のようなおりもの」と表現されることも。指で触るとネバネバして伸びます。

排卵後~生理前(黄体期)

排卵後からおりものの量は減りますが、少し白っぽい色へと変化し、ベタベタした状態に。

 

基本的におりものは無色透明かやや白っぽいのが基本ですが、黒くなることもあります。それは、「おりものに血が混じっているとき」です。生理直後は、生理で排出しきれなかった血が混ざることがありますが、その血の状態によって、ピンク色や赤味がかった色になることや、茶色っぽくなることも。

時間が経つほどに、血は黒ずんでいくため、古い血が混ざると黒いおりものが出てくる場合があるのです。これは、生理後すぐで、体調に異変がなければ、基本的には経血の残りだと考えられるので、それほど心配はいりません。

しかし、生理前に黒いおりものが出るときや、体調の異変も起きているときは、なんらかの病気が原因の可能性もあります。

 

黒いおりものが生理前に出るときは病気の可能性も?

四角 黒板 図

黒いおりものが出続ける場合、不正出血が続いていると考えられるので、注意が必要です。不正出血を引き起こす原因には、子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎などの子宮の病気が関係している可能性があります。また、卵管炎や卵巣腫瘍の可能性もあり、子宮や卵巣などに起きる婦人科系疾患かもしれません。

また、ストレスや過度なダイエットが原因でホルモンバランスが乱れ、不正出血が起きていることも考えられます。女性の体は繊細なので、睡眠不足や仕事などで身体的・精神的ストレスが溜まると、女性ホルモンが正常に分泌されず、生理前なのに子宮内膜が剥がれて不正出血が出てしまう場合があります。

 

黒いおりものが出たときの対処法は?

運動

黒いおりものが出ても、まずは慌てず、一時的なものかどうかを確認しましょう。数日続いたり、大量に出たり、腹痛や排尿痛などその他の症状が出たり、何かいつもと違う様子があれば、一度婦人科を受診することをおすすめします。

婦人科系の病気でなく、ストレスが原因かもしれませんが、いずれにせよ、不正出血が頻繁に起きていることが原因だと考えられます。もし婦人科系の病気であれば、放っておくと不妊の原因になる可能性もあるため、早めに治療を始めることが大切です。

また、生活習慣の乱れを感じている人は、その改善も必要です。睡眠を十分にとる、栄養バランスの良い食事をとる、適度に運動をするなど、規則正しい、健康的な生活を送りましょう。ストレスが原因の場合は、生理不順も起きやすいので、生理周期が安定しているかどうかも合わせて確認してください。

 

おりものが黒いときは、体からのSOS

医師 医者 病院 診察

おりものに異変があっても、あまり周囲には相談できないかもしれませんが、黒いおりものは体からのSOSです。まずは生活習慣を改めることで、黒いおりものが出なくなるかどうかを確認しましょう。また、少しでも不安なことがあれば、婦人科を受診しておくことをおすすめします。