おりものが臭い…酸っぱいにおいは病気のサイン?

おりものは、女性にとっては身近な存在ですが、下着に付いて不快な思いをしている人も多くいます。ただ、普段とは違うおりものが出て、不安になったことはありませんか?おりものがいつもと違っても、あまり人には相談できず、病院に行くべきか悩む人も多いようです。おりものが臭いときや酸っぱいにおいがするときも、そのひとつ。今回はおりもののにおいについて、臭いときや酸っぱい悪臭がする原因や対処法についてまとめました。

 

おりものが臭いのは異常なの?

女性 疑問 クエスチョン

「臭いにおい」というのは人によって感じ方が違うので、一概に言えませんが、おりものに何かしらのにおいがしても異常ではありません。おりものは基本的に無臭~少し酸っぱいにおいがします。このにおいの変化は、おりものが持つ役割と関係しています。

そもそもおりものは、子宮や膣からの分泌物や古くなった細胞などが混ざった粘液です。細菌などから膣内を守るために清潔に保つ役割と、精子が卵子に受精するのをサポートする役割の2つがあります。

細菌などから膣内を守る役割のときに、おりものは酸性の状態になるため、酸っぱいにおいがするように。特に生理前後に酸っぱいにおいがしやすくなります。

 

おりものが臭い原因は?酸っぱいにおいが強いときは?

臭い におい 

生理前後に少し酸っぱいにおいがしたときは、それほど不快感があるほどのものではありませんし、生理現象だと考えれば仕方のないことだと考えることもできますよね。しかし、いつもより酸っぱいにおいが強いと、何か病気の兆候なのかなと心配になるかもしれません。

基本的に、陰部は下着で締めつけられていて空気に触れておらず、汗をかいて蒸れやすいので、雑菌が繁殖しやすい環境です。足や脇も同じですが、雑菌が繁殖するとにおいが強くなって、酸っぱいにおいが強くなったり、悪臭がしたりします。

また、酸っぱいおりものが出た後に下着やおりものシートを交換せず、長い時間放っておいてしまうと、おりものが空気に触れて酸化し、酸っぱいにおいが強くなってしまうのです。

ただし、おりものが臭っているとは限りません。ストレスや寝不足、風邪などの体調不良でおりものの分泌量が減ってしまったり、正常に分泌していなかったりすると自浄作用が弱まり、雑菌が繁殖しやすくなってしまい、陰部が臭っている可能性もあります。

 

臭いおりものは病気のサイン?

女性 虫眼鏡 チェック 確認

おりものに酸っぱい臭いがしたり、少し悪臭がしたりする程度で、病気が原因でなければ、治療が必要なものではありません。しかし、魚が腐ったような臭いや鼻につくような腐敗臭がしているときは、性感染症にかかっている恐れもあります。

おりものに悪臭がするときは、以下のような病気の可能性があるため、その他に現れる症状にも注目してください。

● 淋菌感染症…膿のような黄色っぽいおりもので、量が増える。陰部の不快感、頻尿・残尿・排尿痛などの尿の違和感が現れることも。

● クラミジア感染症…膿のような白~黄色っぽいおりもので、量が増える。腹痛などの自覚症状が現れることは少ない。

● カンジダ膣炎…白くポロポロとしたカッテージチーズのようなおりものが出る。陰部にかゆみも。

● トリコモナス膣炎…黄緑色や少し灰色っぽく、ぽつぽつとした泡状のおりものが出る。陰部にかゆみや痛みが出やすい。

こういった感染症を放っておくと、子宮や卵巣など、妊娠するために重要な器官が炎症を起こし、不妊を引き起こす場合もあります。おりものに悪臭がして、体調やおりものの状態に少しでも異変を感じたら、一度婦人科を受診して病気にかかっていないかどうかを検査してもらうと安心です。

 

おりものが臭いときの対策は?

手洗い 石鹸 清潔

病気が原因であれば、その病気の元を治療する必要がありますが、生理的なものであれば、生活習慣などで対処をする必要があります。おりものの臭いが気になるときは、以下のような方法を試してみてください。基本は、「規則正しい生活」と「陰部を清潔に保つこと」の2つです。

● 疲れやストレスを溜めず、しっかりと睡眠を取る
● シルクやコットンなど通気性のよい素材の下着をつける
● おりものシートやナプキンはこまめに取り替える
● 刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使う
● お風呂で陰部を洗いすぎない
● ウォシュレットのビデを使いすぎない

 

おりものが臭い・酸っぱいにおいが強いときは体からのサイン

女性 医師 病院

おりものに悪臭がしたり、酸っぱいにおいが強くなったり、いつもと違う場合は、体に何らかの異常が起きている可能性があります。おりものの変化にできるだけ早く気づくためにも、日頃からおりもののにおいや量、色をチェックする習慣をつけておきましょう。

また、日頃からデリケートゾーンを清潔に保つように心がけ、通気性の良い状態を維持しましょう。何か異変を感じたら、婦人科を受診して原因を突き止めることが大切ですよ。